mineo(マイネオ)は毎月のデータ使用量がバラバラの人におすすめ!

SHARE

mineo(マイネオ)は毎月のデータ使用量がバラバラの人におすすめ!

データ使用量って毎月バラバラになりませんか?

契約している通信量を超えてしまいデータ通信速度制限を受けてしまう月もあれば、逆に全然使わずに何ギガも余ってしまうときもあります。

データ通信速度制限を受けないために多めのデータパックを契約すると使わない月はもったいないし、逆に少なく契約するとすぐにデータ通信制限を受けてしまうかもしれません。

おそらく自分にぴったりの契約をできる人なんていないんじゃないでしょうか?

でも『mineo』ならそういった無駄をなくすことができるかもしれません。

今回はデータ使用量がバラバラになってしまう人に向けておすすめの『mineo』の利用方法を紹介します。

 

mineo(マイネオ)の契約プランとは


 

まずmineoのデータ契約プランを見てみましょう。

mineoはdocomo回線のDプランと、au回線のAプランがあるのでそれぞれ比べながら解説します。

 

docomoのDプラン

 

auのAプラン

 

上がdocomo回線のDプラン下がau回線のAプランです。

mineoは格安simだけあってもともと料金が安いので利用しやすいのではないでしょうか。

データ通信のみでの利用の場合はDプランAプランともに価格は一緒ですが、電話ができるsimの場合Aプランのほうが少し安くなるようです。

データ通信量は7種類に分けられており自分の用途に合わせて契約できるのでロスが少なく契約できそうです。

しかしそれでも学生なら夏休み、大人なら海外旅行等に行ったときなどデータ通信を多く使いすぎたり逆に全然使わない月があることも珍しくありません。

mineoで提供しているいくつかのサービスを利用することで毎月のデータ通信量がバラバラでもうまくやりくりすることができます。

 

 

データ通信量が足りない場合


 

  • フリータンクから1GBもらう
  • パケットギフトをもらう
  • パケットギフトを購入する

フリータンクから1GBもらう

mineoはフリータンクというサービスを提供しています。

このサービスを利用することで月に最大1GBまで無料で利用することができます。

mineoユーザーならだれでも利用することができ、利用方法も簡単なのでデータ通信量が足りなくなってしまったときに非常に助かるサービスです。

このような無料で1GBをもらえるようなサービスを提供しているのはおそらくmineoだけです。ほかの格安sim会社との差別化を図ることができるのではないでしょうか。

フリータンクを利用する条件がいくつかありますが毎月21日以降から末日の前日まで利用できることと、引き出せる回数は2回までで合計が1GBまでということを覚えておきましょう。

 

パケットギフトをもらう

友人にもmineoを利用している人がいるならパケットギフトでデータ通信をプレゼントしてもらうことができます。

このパケットギフトもmineo独自の機能で、他社のように家族内だけのシェアではなく友人や他人からでもギフトをプレゼントしてもらうことにより利用できます。

送る単位も、最低10MBから遅れるので少量ずつ何人かの友達からもらってもいいですし、一人からまとめてたくさんのデータ通信量をもらってもいいです。

もちろんプレゼントする側にもデータ通信の余裕がないとプレゼントしてもらえないのでたくさん余っている友達がいたときに分けてもらうようにしましょう。

 

パケットギフトを購入する

パケットギフトは友人からだけではなく他人からももらうことができます。

そのため余ったパケットギフトをヤフオクやメルカリで販売している人がいるのでそちらから購入する方法も有効です。

相場は1GBあたり約200円です。

私も確認してみたのですがまとめて購入するとさらに価格が下がります。

だいたい5GBを購入すると850円くらいで購入できる時があります。1GBあたり170円ですね。

大手キャリアでデータ通信速度を受けたときにそれを解除しようとすると2GBで2,000円以上するので1GB約200円は激安です。

ちなみに購入するならばメルカリでの購入をおすすめします

ヤフオクとメルカリのシステムの都合上ヤフオクだと詐欺等に合う可能性がありますが、メルカリは自分でしっかりと商品を確認してから支払う相手にお金が届くシステムです。

ギフトのコードが間違っていたりしてもお金をだまし取られることがないのでメルカリのほうが安全に取引できます。

 

データ通信量が余った場合


 

  • mineoなら余ったデータ通信を翌月に繰り越すことができる
  • フリータンクに寄付する
  • パケットギフトで友人にプレゼントする
  • パケットギフトをヤフオクで売る

mineoなら余ったデータ通信を翌月に繰り越すことができる

mineoは余ってしまったデータ通信を翌月に自動で繰り越すことができます。

この機能があるので余ってしまったことを知らないでいても勝手に翌月に繰り越すことができるので安心です。

一般的にデータ通信量が足りない時は通知がくるのでわかりますが、データが余るときは気づかずに無駄にしていたことが何度もあるかもしれません。

それを自動で繰り越してくれるのでデータ通信量が余っていたことを忘れてしまっていた時や、全然気づかないでいたときでも無駄になることがありません。

しかし、繰り越されたデータ通信には期限があり繰り越された翌月中に使用しなければ失効してしまいます

むしろ繰り越されたデータ通信を使いきれないようであれば契約プランを見直してみたほうがいいでしょう。

フリータンクに寄付する

フリータンクとはもともとmineo利用者達の寄付によって運営されているサービスです。

そのため、自分のデータ通信が余ってしまったときにはフリータンクに寄付するのも一つの手です。

フリータンクにたくさん寄付することで得られるメリットもあります。

データ通信が足らなくなったときに1GBまで引き出すことができるサービスですが、利用するには条件があります。

自分の残りデータ使用量が1000MB以下にならないと利用できないという条件です。

しかし、(「フリータンクから引き出したデータ通信量」<「フリータンクに寄付した量」)となった場合自分のデータ通信量が1000MB以上でもフリータンクから引き出すことができるようになります。

データ通信が多い時に引き出すことは少ないと思いますが、一応このようなメリットがあることを覚えておいてください。

パケットギフトで友人にプレゼントする

mineoはユーザー同士の助け合いを重視しています。フリータンクなども寄付する人と受け取る人での助け合いのもとで成り立っています。

パケットギフトも助け合いの機能で、友人が困っているときには余っているデータ通信をプレゼントするといいでしょう。

友人にプレゼントすることで自分が困っているときには助けてもらえると思います。

パケットギフトは10MBからプレゼントできるので、少しでも友人の助けになれたらと思うなら利用してみてはいかがでしょうか?

パケットギフトをヤフオクで売る

あまりにもたくさんデータ通信が余っているならばヤフオクなどで売るのはいかがでしょうか?

1GBあたり約200円で取引されているので、少ないですがお小遣いの足しになるのではないでしょうか?

またデータ通信が足りない時にはメルカリでの購入もおすすめしましたが、販売するときはヤフオクのみにしたほうがいいです。

メルカリガイドには商品の出品・掲載の禁止事項に以下が挙げられています。

【商品の出品・掲載】
・実際に手元にある商品画像を掲載せず出品すること
・手元にない商品を予約、取り寄せで販売すること

データ通信なので商品画像を掲載することができませんよね?

このようなルールがあるためメルカリでデータ通信を販売すると最悪の場合アカウント停止になってしまう可能性があるので、販売することに問題のないヤフオクを利用するほうがいいでしょう。

 

まとめ


 

mineo(マイネオ)には他社にはない非常に魅力的なサービスをいくつも展開しています。

今回紹介したフリータンクやパケットギフトはほかの格安sim会社では見られないmineo独自のサービスです。

このサービスを利用することでデータ通信量が足りなくなってしまっても、余ってしまっても上手にやりくりすることができます。

パケットギフトの詳細な使い方はこちら

フリータンクの詳細な使い方はこちら

 

mineoへの乗り換えを検討しているならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です