【データ通信量の節約方法】mineo(マイネオ)スイッチとは?

SHARE

【データ通信量の節約方法】mineo(マイネオ)スイッチとは?

知らず知らずのうちにデータ通信が継続されていて、気付いたらデータ通信速度制限の通知が来てしまったという人も少なくないと思います。

タスクをちゃんと消していればこのような事態は少なくなると思いますが、急な用事で使っていたアプリをホームボタンで消すだけにしてしまい、アプリをしっかりと停止させていなかったためにデータ通信し続けることもあります。

いくつかの格安sim会社では、このような事態を避けるためのサービスを提供しているところもあります。

今回はmineo(マイネオ)の『mineoスイッチ』というデータ通信を節約してくれるアプリを紹介します。

 

『mineoスイッチ』とは?


 

『mineoスイッチ』とはmineo(マイネオ)が提供しているアプリです。

このアプリを利用することによりデータ通信容量を節約することができます。

『mineoスイッチ』を使うとデータ通信速度が最大200kbpsに制限されてしまう代わりにデータ通信を消費しなくなります。

ボタンひとつでONとOFFを切り替えることができるので簡単に使えます。

使い方はアプリを起動して手動でボタンを一つ押せばONとOFFが切り替わります。非常に簡単ですよね!

『mineoスイッチ』がONのときはデータ通信を消費しないので、アプリを消し忘れていてもタスクを消し忘れていても内部的にデータ通信し続けることはないので人によっては大幅にデータ通信を節約することができるのではないでしょうか。

 

mineoスイッチがONのときのデータ通信速度は200kbpsで安定する


 

格安simはデータ通信速度が安定しないという弱点があります。

特に12時から13時の時間帯はお昼休みということもあってか非常に混み合い通信速度が遅くなってしまいます。

mineoもほかの格安sim同様にお昼の時間は通信速度が遅くなったり不安定になったりするので非常にストレスになります。

『mineoスイッチ』をONにするとこの通信速度が安定します。

もともと200kbpsと遅いので動画やアプリのダウンロードはできないかもしれませんが、200kpbsでできることをしっかりと把握していればストレスなく利用することができます。

 

mineoスイッチがON(低速モード)の時にできること


 

さてmineoスイッチをONにして節約モードにしたことはいいですが、データ通信速度が遅くなり何もできないようでは意味がありません。

低速モードの状態でも利用できるアプリや機能を紹介します。

  • LINE⇒できる
  • twitter⇒できる
  • facebook⇒できる
  • スマホゲーム⇒通信量の少ないものならできるが、データ通信が多いものだと厳しい。
  • youtube⇒できない
  • google map⇒できることと、できないことがある
  • 通話アプリ⇒できるものとできないものがある

LINEやtwitter、facebookなどデータ通信をあまり使わないものに関しては低速モードでもあまりストレスなく利用することができます。

例えば画像が多い場合などは多少遅いかな?と感じるときもありますが、おおむね通常通りできます。動画の自動再生だけは節約モードでは厳しいので注意してください。

google mapでは通常の地図表示ではストレスなく利用できるが、ストリートビューや航空写真表示にすると低速モードでは厳しくなってしまいます。運転中にgoogle mapでなナビを利用している場合、運転中に読み込みが長くなってしまうと道を間違えたりスマホに集中しすぎて事故の原因になってしまう可能性があるので注意してください。

通話アプリやスマホゲームだとできるものとできないものが限られてしまいます。

LINEゲームなどの通信料が少ないアプリならできますが、MMORPGなどの通信量が多いものは厳しいです。また初期データを読み込むときなども低速では難しいです。

通話アプリはつながるにはつながりますが、自動調整で音質が落ちてしまうため大事な電話などでは大切な話を聞き逃してしまうかもしれません。

mineoを提供しているケイオプティコムが提供している「LaLaCall」という電話アプリなら低速モードの状態でも通常通り通話できるように対策されているためおすすめです。

 

まとめ

『mineo(マイネオ)スイッチ』を使うことにより確実にデータ通信量を節約することができます。

操作も簡単でボタン一つでスイッチのONとOFFを切り替えることができます。

しかし、やはり低速モードになってしまうためにいろいろとできることが制限されてしまうためあらかじめ低速モードでできることとできないことをしっかり理解しておいたほうがストレスにならないで済みます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です